東京湾クルーズが人気沸騰中|リーズナブルな価格も嬉しい

自然と満喫

都会ではできない体験を

寝具

与論島ってご存知でしょうか。与論島は鹿児島県の最南端に位置している離島で、沖縄から飛行機を利用し40分で到着できます。気候は温暖で知る人ぞ知るといった静かな島です。そのエメラルドグリーンの海、サンゴ礁、白い砂浜は都会の喧騒を忘れされてくれます。沖縄を旅行されて最後に与論島に滞在するプランなども楽しいですね。与論島にはペンションや民宿もありますが、はじめていく際には便利できれいなホテルがなにかと安心なので、おすすめです。与論島を訪れるには通常空港を利用することになりますので与論空港からアクセスがよいと楽です。観光では、海を楽しむことがメインになりますので海まであるいていけるホテルもいいでしょう。地元の郷土料理を提供してくれるホテルもあります。与論島の食材を使用した食事はとてもおいしくよい思い出になります。与論島では、ホテルといっても少ない従業員で運営されているところが多いので、混雑時には多少食事の提供などが遅れることもあります。のんびりとした島の雰囲気を味わいながら、大目に見てあげてくださいね。与論島のホテルは数えるほどしかありませんので、何度も訪れる機会があればぜひ全部のホテルを制覇してみてください。民宿などを含めてもきれいで都会的な雰囲気の宿泊施設は少ないので、もしそのような宿泊施設をご希望の場合には早めの予約がおすすめです。とくに夏休みは人気ですので早めに問い合わせをしてください。どのホテルも従業員の方はとても親切です。

美しい自然と真っ青な海

海

鹿児島県の最南端にある島として有名な与論島は、奄美群島の一つです。鹿児島県からは飛行機やフェリーで結ばれていますし、沖縄からも飛行機で向かうことができます。また本州からは神戸や大阪校からフェリーも就航し、気軽に行ける観光地として人気があります。与論島の最大の魅力は、なんといっても海が美しいということです。よく例えで「死ぬまでに一度は見たい・一度は行きたい」という表現をしますが、与論島もまた死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景・日本編でも紹介されるほど、美しい絶景が広がる大自然の島です。どこまでも広がる透明度の高い海は、真っ白い砂とサンゴ礁に囲まれており、気温も温暖で観光に力を入れているためホテルや民宿なども充実しており、人気観光地となっています。その雄大な大自然を目当てに、映画やプロモーションビデオの撮影が多数行われており、映像からも美しい景色をながめることができます。島の名前である与論は琉球言葉です。島が沖縄県に近い関係もあることから琉球の文化も根付いています。ホテルなどの宿泊場所も多く、ホテルはよりリゾート感を出しており、観光客に人気です。与論島のホテルは真っ青な空や海に映える白い外壁が多く、清潔で解放感ある南国のイメージを醸し出しています。また、ホテル以外にも民宿や旅館スタイルの宿泊地もあり、インターネットサイトなどで形態や料金などをすぐに検索して予約することも可能です。観光にはバスもありますが、レンタカーで自由気ままに周遊することも旅のだいご味です。

一度は行きたいの本の絶景

ホテル

奄美群島の最南端に位置する与論島は、温暖な気候であるため周りの海には珊瑚礁、真っ白い砂、透明度の高い水質は日本で見られる海としてはまさに絶景と呼ぶにふさわしい景色です。干潮の際にのみ現れる百合ヶ浜はその中でも非常に人気の高いスポットとして有名です。その街並みも、ギリシャに似せて作られ、海岸沿いには白い壁に一面の彫刻、白亜の瀟洒な建築の並ぶ景観はまさに日本のギリシャと言っても過言ではないでしょう。夏のリゾート地に最適である与論島に行く際に、とっておきのホテルがいくつかあります。やはりリゾート地であるため、その気分を満喫できるホテルが気分を盛り上げてくれます。その中でも絶対に泊まりたいホテルがプリシアリゾートヨロンだと言えます。全室コテージタイプとなっており、気兼ねなくのんびりとその南国の雰囲気を満喫できます。スタンダード、ファミリー、スーペリアの3つのグレードが用意されており、それぞれに違った魅力があります。スタンダードでは南国の花に囲まれた景色が広がり、ファミリーは与論島の珊瑚礁の海を望むビーチの景観、スーペリアは完全プライベートな空間でオーシャンビューの絶景をそれぞれの部屋から楽しむことができます。さらに、このホテルに泊まると、様々なマリンアクティビティーを楽しんだり、のんびり過ごすためにアロマリラクゼーションなどを受けることもできます。要望に合わせた様々な楽しみ方のできるプリシアリゾートヨロンは、与論島に行く際にはぜひ泊まりたいホテルです。

あたらしい旅の形

田舎

最近民泊という言葉が浸透しつつあります。民泊は、一般の民家の空き部屋や、別荘などを貸し出すもので、様々なタイプがあります。条件によって格安な料金で泊まれることもあり、注目されています。予約をしても、ホスト側の承認がないと、確定しないというシステムは、民泊の特徴の一つです。

View Detail

自然と満喫

寝具

与論島は、鹿児島県の最南端に位置する島です。エメラルドグリーンの海、サンゴ礁、白い砂浜は都会の喧騒を忘れさせてくれます。与論島にはじめて訪れる方にはなにかと便利なホテルがおすすめです。従業員の方もとても親切なので、楽しいビーチリゾートを過ごせることでしょう。

View Detail

広い部屋が評判です

女の人

オンテックスが手掛けるホテルは、マンションを改装してオープンしました。そのため広い間取りがセールスポイントで、自宅にいる感覚でのんびりできます。もちろんアメニティーやWi-Fiなど、サービス内容は他のホテルと引けを取りません。

View Detail